化粧が崩れて大変 顔汗を抑える方法とは

汗をかくのは仕方ないにしても女性にとって厄介なのは顔汗ではないでしょうか?せっかくばっちりメイクをしても顔汗でメイクが崩れるというのは悩むところですよね。
そこでここでは顔汗を止める方法について解説します。

・汗をかかない生活は問題

運動が足りていない生活やシャワーが多く浴槽につかる機会がない人などは、汗を分泌するはずの汗腺が衰えてきます。
特に心臓から遠い所にある下半身の汗腺は汗を分泌する機会を失い休眠態勢に入ります。

このような状態になってしまうと、体温調節で汗を分泌しようとする時に普段から動きが多い顔の汗腺から集中的に汗が出るようになります。

・精神性の発汗

冷や汗をかくとはよくいいますよね。この時は顔から汗が出る事が多いのではないでしょうか。さらにこういう精神性発汗の場合だと、さらさらした汗ではなくてベタベタした汗をかきます。ですから顔がベタベタするのですね。

・顔の汗と全身にかく汗の違い

顔の汗は厄介な事に全身にかく汗と違いベタベタしているのが特徴です。
これは血液中の血漿から汗が作られる事が関係します。

人間の体の仕組みとしては汗腺機能がうまく機能している時には、血漿に含まれる体に大切なミネラルを血液に戻して、水分と塩分だけを汗として体外に排出します。

しかし、運動が不足しているとか、エアコンを効かした部屋でずっと過ごしていると汗をかく機会が減り、汗腺の機能が落ちていきます。このような状態になるとミネラルを血液に戻す事ができなくなりますので、汗と一緒に分泌されるようになります。

したがって顔汗をかく時は運動が足りていないなどの理由で感染の機能が衰えている事が多いので、さらさらした汗ではなくて、ミネラルを含むベタベタした汗をかきます。

・顔汗対策

まずは首を冷やすという方法があります。
首の後ろ側にある頸動脈を冷やす事で一時的にでも血行を抑える効果があります。そのため汗が引いていくのです。

次は有酸素運動を生活に取り入れるです。
運動が不足する事が顔汗の原因なのですから、運動をして汗をかくのは効果的です。

他には制汗剤を使用するという方法もあります。
制汗剤には汗腺の出口を塞いで汗を出さないようにする働きがあります。
ただし、注意点としては顔用の制汗剤を使うようにしましょう。
おすすめはコチラ⇒ 顔汗 止める

他には手足を温めるという方法もあります。
顔以外の汗腺を活発にする事ができれば顔だけにかいていた汗を、他の部位からも発散させることができます。

ですから発汗が分散されます。顔汗が多いと見た目にも暑苦しいですし、女性なら化粧が崩れて大変です。
ここに挙げた事を実践してみて顔汗を抑えましょう。