わきがの臭いを抑える数々のこと

わきがは誰しもなりたくてなるものではありませんが、遺伝でなってしまう人も沢山います。
わきがではない人が、わきがである他人を臭いと非難したりする人もいますがわきがの人にとってはとても深刻な悩みなのです。

一生つきまとわれるわきが臭に悩まされて生きていくことを考えたら想像するかぎり辛い思いをすると思いますが、少しでもわきが臭を軽減させる方法があります。

わきが臭は、運動をした時や夏場の汗は勿論のこと、緊張した時に出る汗なども強烈な臭いを放ちます。
それらを放置しておくと雑菌が繁殖し更に悪臭の原因となりますので、脇の下を常に清潔に保つことが最も重要です。

毎日の入浴やシャワーは勿論ですが、特に汗をかく時期はデオドラントシートを持ち歩きこまめに拭くこと。
制汗剤などを使用することもよいですが、脇の下を清潔にした後でないと意味がありません。

また、脇毛の処理も重要なポイントになります。汗が脇毛につき雑菌が繁殖しやすくなるからです。
女性であればムダ毛の処理をし、雑菌が繁殖しにくい環境を作ることが大切だということです。

以上のように、脇の下を清潔を保つということ以外にも気を付ける点がいくつかあります。
化繊の洋服、脇の下に密着する洋服はなるべく避けます。

化繊の洋服は木綿の服に比べわきが臭を強くし脇の下に密着する服は、かいた汗がそこへ留まり雑菌の繁殖を助けてしまうからです。

このように洋服の素材や形によりわきが臭を悪化させてしまうことがありますので、なるべく木綿の服を選び脇の下は風通しをよくし蒸れない環境を作ることが大切です。

食べ物でもわきが臭を強くしてしまうものがあります。
肉食やジャンクフード、揚げ物やチーズなどといった高カロリーな食事、過度な飲酒もその要因となり、できるだけ野菜を多く摂取し、お魚や豆、海藻類などを多く取り入れた和食がよいとされます。

このように、毎日の食生活や生活習慣も、わきが臭に大きく影響を及ぼしているということです。
これらのことを守ったからといって、わきが臭が治るということではありません。
手術をして、わきが臭の元となるものを除去しなければ残念ながらわきが臭がなくなることはないのです。

しかしながら手術となると、体へのリスクや金銭面の問題も出てきますから誰しもができるものではありません。

ですから日々の生活の中で手間をかけたり気をつけたりする、そういった意識をもつことが手軽にわきが臭を軽減できる方法となるのです。

異常な手汗は手掌多汗症のサイン?具体的な症状と対策とは

リラックスしているのに手汗が異常に出てしまう方は、手掌多汗症の可能性があります。
手掌多汗症を発症してしまうと日常生活に支障が出るだけではなく、ストレスにより体調を崩す場合もあります。
では、手掌多汗症とは具体的にどんな病気なのでしょうか?

・手掌多汗症と汗っかきの違いは何?

手掌多汗症と汗っかきの決定的な違いは、汗をかく場所が一箇所に集中しているかどうかです。
汗っかきは普通の人よりも多くの汗をかくというだけで、特別な病気などではありません。

しかし、手掌多汗症の場合は手の平から異常な量の汗が溢れ出てきます。
緊張している時に手の平に汗が滲みでると思いますが、手掌多汗症の場合は汗がポタポタと落ちるくらい汗をかきます。
ただの汗っかきと手掌多汗症は全くの別物なので、自分はどちらなのかがすぐに判断出来ると思います。

・手掌多汗症はどんな症状?

手掌多汗症は手の平限定の多汗症で、自分の意思では汗を止めることが出来ません。
症状の軽い方は汗が滲む程度ですが、重度の手掌多汗症になると常に手の平が濡れた状態になり汗を拭いてもすぐに噴き出してしまいます。

リラックスしていても緊張していても汗をかいていしまうとても厄介な病気で、症状が重い方は手袋をハメて生活をしなければならないほどです。
中には手術をして手掌多汗症を解消された方もいますが、別の場所に多汗症が現れたり、手の平が乾燥してヒビ割れになったりと一筋縄ではいかない場合もあります。

・手掌多汗症に有効な対策方法とは

まず、自分の手掌多汗症がどの程度なのかを見極める必要があります。
軽度なら常にタオルやハンカチを携帯しておくだけで気持ちが楽になります。

重度の場合はタオルなどはもちろんですが、手袋や濡れティッシュなども用意しておくといざという時役に立ちます。
特に、自宅に居る時は基本的に手袋をハメて生活した方が家具などを汚さすに済むので便利です。
ただし、長時間手袋をハメていると手袋の種類によっては爪がボロボロになったり皮膚が荒れる場合があるので注意が必要です。

手掌多汗症は恥ずかしい病気ではないのですが、仲の良い友達にも伝えられないケースが多いです。
1人で抱え込むストレスにより手掌多汗症が悪化してしまう場合も十分にありえます。

そんな時は、家族でも誰でも良いので思い切って打ち明けてみるのも一つの手です。
理解者がいるだけで気持ちが楽になる場合もあるので、なるべく1人で抱え込まないようにしましょう。

化粧が崩れて大変 顔汗を抑える方法とは

汗をかくのは仕方ないにしても女性にとって厄介なのは顔汗ではないでしょうか?
せっかくばっちりメイクをしても顔汗でメイクが崩れるというのは悩むところですよね。
そこでここでは顔汗を止める方法について解説します。

・汗をかかない生活は問題

運動が足りていない生活やシャワーが多く浴槽につかる機会がない人などは、汗を分泌するはずの汗腺が衰えてきます。
特に心臓から遠い所にある下半身の汗腺は汗を分泌する機会を失い休眠態勢に入ります。

このような状態になってしまうと、体温調節で汗を分泌しようとする時に普段から動きが多い顔の汗腺から集中的に汗が出るようになります。

・精神性の発汗

冷や汗をかくとはよくいいますよね。この時は顔から汗が出る事が多いのではないでしょうか。
さらにこういう精神性発汗の場合だと、さらさらした汗ではなくてベタベタした汗をかきます。ですから顔がベタベタするのですね。

・顔の汗と全身にかく汗の違い

顔の汗は厄介な事に全身にかく汗と違いベタベタしているのが特徴です。
これは血液中の血漿から汗が作られる事が関係します。

人間の体の仕組みとしては汗腺機能がうまく機能している時には、血漿に含まれる体に大切なミネラルを血液に戻して、水分と塩分だけを汗として体外に排出します。

しかし、運動が不足しているとか、エアコンを効かした部屋でずっと過ごしていると汗をかく機会が減り、汗腺の機能が落ちていきます。このような状態になるとミネラルを血液に戻す事ができなくなりますので、汗と一緒に分泌されるようになります。

したがって顔汗をかく時は運動が足りていないなどの理由で感染の機能が衰えている事が多いので、さらさらした汗ではなくて、ミネラルを含むベタベタした汗をかきます。

・顔汗対策

まずは首を冷やすという方法があります。
首の後ろ側にある頸動脈を冷やす事で一時的にでも血行を抑える効果があります。そのため汗が引いていくのです。

次は有酸素運動を生活に取り入れるです。
運動が不足する事が顔汗の原因なのですから、運動をして汗をかくのは効果的です。

他には制汗剤を使用するという方法もあります。
制汗剤には汗腺の出口を塞いで汗を出さないようにする働きがあります。
ただし、注意点としては顔用の制汗剤を使うようにしましょう。

他には手足を温めるという方法もあります。
顔以外の汗腺を活発にする事ができれば顔だけにかいていた汗を、他の部位からも発散させることができます。

ですから発汗が分散されます。顔汗が多いと見た目にも暑苦しいですし、女性なら化粧が崩れて大変です。
ここに挙げた事を実践してみて顔汗を抑えましょう。

足の蒸れや臭いとサヨナラしよう

足汗で悩んでいませんか?
特に女性は臭いに敏感ですから、自分の足の臭いも気になるところですよね。
なんでも足は男性よりも女性の方が臭いなどという話もあるほどです。これは女性としてショックですね。

でも、そもそも足汗はどこからかくのでしょうか?
そしてそれを改善するにはどうしたらよいのでしょうか?ここで見ていきましょう。

・汗足と臭い

まず汗は汗腺から出てきます。そして汗腺には2種類あります。エクリン腺とアポクリン腺です。
足は主にはエクリン腺から汗を出します。実は汗そのものには臭いはありません。
ではなんであんな不快な臭いを発するのでしょうか。それは足から汗を噴き出して雑菌が繁殖するからです。
加えて皮膚の皮脂や垢なども合わさり、嫌な臭いが発散されます。

・足汗を改善するには

汗足を止める事ができたら良いですよね。
そのためには制汗剤を使用してみましょう。汗腺から出てくる汗を抑える事ができますから、足汗を止める事ができます。

・足の匂い対策あれこれ

足の匂い対策にはいろいろありますが、明日からでも実践できる事を紹介します。まずは靴です。
足の裏や足の指の間は汗をかきやすい場所です。
しかも靴に締め付けられて蒸れや臭いが気になります。対策としてはやはり清潔にする事です。
そのためには同じ靴は2日続けて履かないなどの配慮ができます。
それから靴下も頻繁に取り換えるようにしましょう。

例えばOLさんはどうでしょう。多くの人は2日続けて同じ服を着ていく事はないですよね。
それと同じように靴も続けて履かないようにすると良いでしょう。

それから1日の内で靴を履きかえる方がいいですね。
例えば仕事中は違う靴に履きかえるというのも匂い対策になります。
1日中同じ靴を履いているとやはり、蒸れてきます。ですから仕事用の靴を準備しておくと良いですね。
オフィスについたら履き替えるだけでも臭い対策に繋がりますね。

それから通勤用に履いてきた靴の中にはペーパータオルなどを入れて形を整えて湿気を取り除いておきましょう。
このような手間をかけておくと帰る時にはさっぱりした感触で靴を履いて帰る事ができます。

それから消臭スプレーも効果的ですね。
それから靴の素材はどうですか?天然素材の靴は水分も汗を吸収しやすいので、手入れが大事です。
もし、雨に濡れてしまった時などは、ぺーパータオルなどを中に詰めて水分を取り、しっかり乾かしておきましょう。

そのままにしておくと塩が浮いてきたり、足の蒸れの原因になります。
足が臭いと靴を脱ぐのをためらうようになりますね。

特にこれから暑くなってきますので、足の匂い対策はしっかりしておきたいところです。
簡単にできる方法を紹介しましたのでできる事から始めてみてはいかがでしょうか?
 

脇汗をかく理由と対策

そろそろ暑くなりだし汗をかきやすい季節になりましたね。
そこで気になるのが脇汗。服にシミのようにできる汗の跡は恥ずかしくもありますよね。

脇の下は汗腺が集まるポイントですから、汗をかきやすいのは当然です。
汗をかく理由はやはり体温調節をするためというのはみなさんご存知の通りだと思います。

他には辛い物を食べた時や緊張やストレスでも汗をかきます。ここでは脇汗について解説します。

・脇の臭いと汗の量の関係

汗をかいた後に気になるのは臭いですね。
あの人は汗臭いなどと言う場合がありますが、実は汗そのものは無臭です。
汗や皮脂が皮膚に残る事で細菌が繁殖して、分解されることにより臭いを発散するのです。

やはり汗をかく量が多いという事はそれだけ細菌が増殖しやすいです。
ですから汗をたくさんかく季節や激しく運動した後には臭いが出やすくなるのです。

・多汗の原因

まずは精神性の発汗です。
例えば大勢の人の前で話をしないといけない時に緊張状態にある時には汗腺をコントロールする交感神経の影響により、脇の下も汗をかきます。
こういうのを精神性発汗と呼びます。

緊張状態がとければ自然に汗は引いていきますが、噴き出すように出てくるのが特徴です。

次に考えられる原因としては更年期によるものです。
更年期になるといろいろと症状は出てきますが、その一つにはホルモンバランスの影響で汗をかく事があります。

脇の下にも滝のよう汗をかきます。
しかし、手足は冷たいというのが特徴です。

他に考えられる原因には脱毛後に汗が増すケースです。
女性の人は特に関係してくるのですが、レーザー脱毛などを行った後に汗が増える事があります。

脱毛が感染を刺激する事も考えられますが、脱毛により脇に意識が集中するという精神性発汗の可能性があります。

・ボトックス注射で改善できる

 そもそも汗が出てくるのは自然な事なのですが、しかし人によっては人と接するのが苦痛になるとか、周りの目が気になるという人もいる事と思います。

汗が原因で深刻に悩む人もいる事でしょう。
そこでおすすめなのは脇の下にボトックス注射を打つ事です。

この注射をする事で発汗を促進する神経物質をブロックして汗を抑える事ができます。
早い人だと翌日には効果を実感します。

多くの人は2日から3日で効果を感じます。
ただ、注意点としてはボトックス注射は自由診療になるのでクリニックによっては料金に違いがあります。
脇汗の事で悩んで辛い思いをしている人はボトックス注射の効果をぜひ実感してみてください。